サミー君と行くバイノーラル録音の世界

サミー君の横顔

バイノーラル録音とは?

バイノーラル録音とは、人間が耳で聴いている音を再現するための装置「バイノーラルヘッド※」 を使用した録音のことです。 バイノーラルヘッドは一般に人間の頭の形の模型に耳の構造を再現した特殊なマイク(イヤーシミュレーター)を 組み込んだもので、実際に人間が鼓膜で感じる音を再現することができます。 そのため、バイノーラル録音された音声をヘッドホンで聴くと、とてもリアルな臨場感を感じることができます。

 このコーナーでは、mimimamoの音響測定でおなじみ、バイノーラルヘッドのサミー君(サザン音響製 SAMER HATS4500E)を使って、 様々な場所でバイノーラル録音した音声を掲載しています。是非ヘッドホンを使ってバイノーラル録音の世界を体感してみて下さい。

第1回 和興岩手工場の巻

 

 

和興岩手外観

工場の玄関前

mimimamoの製造を委託している株式会社和興の工場にお邪魔して、工場内外で録音させてもらいました。

工場があるのは岩手県一関市の市街地から車で1時間ほど離れた山の中です。当日は天気も良く、たくさんの鳥のさえずりが聞こえました。

音声のなかのナレーションはフィフティスクエアの林社長です。一部に和興の國分社長の声も入っています。

工場の玄関前の音(57秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(57秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

和興岩手縫製場

縫製(ほうせい)場

工場内の縫製場です。たくさんのミシンが並んでいて、あちこちからミシンの音が聞こえます。

一般家庭で使うミシンの音は「コトコト」という感じですが、こちらで使われる工業用ミシンはスピードが速いせいか、「ガー」という感じに聞こえます。

近くのミシンの音、遠くのミシンの音・・少し早口の女性達の会話も、忙しそうな現場の雰囲気が伝わってきます。

縫製場の音(51秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(51秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

和興岩手裁断機

裁断機(おおだち)

一反(いったん)の長い生地を加工しやすい長さに切りそろえる裁断機(通称:おおだち)です。

台の上を緑色の機械が左右に動いて生地を裁断して重ねていきます。

左から右へ帰るときの「カン、カン、カン」という音やきしむような音。いかにも年季の入った機械を思わせる音です。

裁断機(おおだち)の音(1分29秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(1分29秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

和興岩手裁断機2

裁断機(こだち)

コンピュータ制御で型通りに自動裁断する裁断機(通称:こだち)です。

おおだちによって切りそろえた生地をこの裁断機でmimimamoの丸い形に裁断します。

最新型の裁断機らしく近代的な音がします。裁断を行うヘッドの部分が移動するときの「キュイーン」という音、裁断中の「ギュイーー」「ブシュ、ブシュ」という音がロボット感満載です。

裁断機(こだち)の音(37秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(37秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

mimimamo縫製作業

mimimamoの縫製

mimimamoの縫製作業です。丸い形を90°ずつ回転させ、ピンセットを駆使してゴムを引っ張りながら縫い付けることで、生地にキレイなギャザーが入っていきます。

周りのミシンと比べて、かなりゆっくり縫っているため、「シャカシャカ」という優しい音がします。下でミシンのペダルを踏む音がカタカタと聞こえます。

音声の収録と同時に写真撮影をしていたため、左の方からパシャパシャというシャッター音が聞こえます。

mimimamoを縫う音(1分06秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(1分06秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

第2回 大國魂神社くらやみ祭りの巻

 

 

大太鼓登場前

大太鼓と解説の声

フィフティスクエアのある東京都府中市には大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)という大変古い歴史のある神社があります。

大國魂神社では、毎年5月に「くらやみ祭り」というお祭りがあり、名物の「大太鼓」が登場します。

右の方からだんだん近づいてくる太鼓の音。ドーン、ドーンとまるで打ち上げ花火の爆発音のように聞えます。

左手からは太鼓の解説の声が聞こえます。色々な条件付きながら、世界一の大太鼓だとのことです。

大太鼓と解説の声(49秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(49秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

大太鼓登場

大太鼓の音

左右に2つの大太鼓が打ち鳴らされています。

荒々しい掛け声を合図に、右の太鼓が引っ張られ、だんだんと近づいてきます。

右の太鼓の音圧で、後方にあるお店のシャッターが共振して「ビーン」という音を立てています。凄まじい轟音です。

右の太鼓が真正面に来たあたりで、あまりの爆音に録音のレンジをオーバーしてしまい、一部音が歪んでしまいました。大太鼓恐るべし。

大太鼓の音(1分5秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(1分5秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

お神輿

お神輿を担ぐ音

太鼓に導かれて、右手からお神輿がやってきます。

大地を揺るがすような大太鼓の音をバックに、担ぎ手たちの声も熱を帯びます。

くらやみ祭りのクライマックスです。

お神輿を担ぐ音(48秒:AAC 256kbps)

 

ハイレゾ音源(48秒:PCM 96kHz/24bit) ※注1

 

※注1:ハイレゾ音源の再生にはQuickTimeプラグインが必要です。サイズが大きいので再生されるまで時間がかかる場合があります。

Super Stretch Headphone Cover